Eat

【クラフトビール】 オラホビールのエクストラ ペールエール『キャプテン クロウ』

投稿日:


sponsored link

日本でも市民権を得た「クラフトビール」


「クラフトビール」という言葉もだいぶ定着してきて

街にはクラフトビールを提供するお店も増えてきたし

コンビニでもローソンやイオンリカーとかで”ちょっといいビール”的な感じで良く見るようになった

ビールは”ただ苦いだけの飲み物”じゃないってだいぶ浸透してきて、他の日本酒やワインのように選ぶ楽しみが増えてきた

 

クラフトビールとは


日本のビール4大メーカー

サッポロ、キリン、サントリー、アサヒが主力で出しているビールはピルスナー(ラガー)ビールと呼ばれるもので

いま、日本でクラフトビールと呼ばれるものは大半がエールビールと呼ばれるものになっている(厳密にはピルスナーにもクラフトビールは存在する)

 

「クラフトビール」とは、小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビールです。ビール職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて、クラフトビールと呼びます。

また、小規模なビール工房のことは、マイクロ ブルワリー(Micro Brewery)と呼びます。

クラフトビール東京webサイトより

 

このクラフトビールの味わいを知っちゃったら”のどごし”とか”キンキンに冷えたのがイイ”

とかは多分言わなくなると思う

ラガー系は4−9度位の温度が飲み頃とされているけど

エール系は9−13度位が飲み頃

エール系は口当たりが軽く、香りも華やかなので、冷やしすぎると軽さも、香りも味わいづらいんです

ゴクゴク飲むよりも味わいながら飲むのがエールビールには合っている

 

sponsored link

缶でも手に入るクラフトビール


お店で飲むのももちろんおいしいけど

家でもやっぱりクラフトビールが飲みたい

やっぱ一番有名なのはヤッホーブルーイング

ビールが一番有名かな

「よなよなエール」を初めとして、高アルコール、大量のホップを効かせたIPA(インディア・ペール・エール )「インドの青鬼」

エールビールを日本に根付かせた功績はかなり大きいと思う

 

クラフトビールの新時代


そして僕が今日オススメするのは

信州の「オラホビール」『キャプテン・クロウ』

 

もっと香りを!もっとキレを!もっとホップを!

通常の倍以上のホップを使用し、鼻孔に直接伝わるホップアロマと飲み心地を邪魔せず2杯目を誘うビターな味わいが特徴になります。

 

と、オフィシャルサイトにも書いてある通りビターな味わいなのですが

IPAほど強く、苦くはなく、とてもスッキリとした飲みごたえ

大量に投入されたホップによる鼻を抜けるアロマがたまんない

 

 

 

とても味わい深くて、ついついもう一本飲みたくなっちゃう

これはクラフトビールの新しい時代が来ている気がする

 

値段もお手頃で、税込300円くらいで購入できるのでホントおすすめ

あったかくなってきたら花見でもしながら香りの良いクラフトビールを飲みたいなー

RS

 






-Eat
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【天河神社】お参りしたあとはここで絶品ごはんを『おおとり』

家族で奈良県は夏の天河神社にお参りに行ってきました 天河神社のすぐ近くにある絶品ごはんのお店『おおとり』を紹介しようと思います   sponsored link 目次1 天河神社すぐ横2 絶 …

【激ウマ】『麺や 一途』は本物のフレンチシェフが作る極上ラーメン|武蔵小山駅

我が家ではたまに大人の一人休みを取るようにしていて、僕は一人で出るときは最近武蔵小山の温泉『清水湯』によく通っています 以前執筆した清水湯の記事はこちらです Sparkle in the Air【子連 …

【出雲大社グルメ】『伊藤そば』

こんにちは RSです ゴールデンウィーク真っ只中、家族で出雲大社に行ってきました View this post on Instagram A post shared by 𝕊𝕡𝕒𝕣𝕜𝕝𝕖 𝕚𝕟 𝕥𝕙𝕖 …

【ハワイ島オススメスポット】本物の味がするハンバーガー『ビレッジバーガー・ワイメア』

僕たち家族はよくハワイ島(通称:ビッグ・アイランド)へ旅に行っている ホノルルのあるオアフ島ではなく、ハワイ島 ハワイ諸島の中で一番大きい島でありながら、一番シンプル、そして自然豊かなこの島が僕たち家 …

【Uber eats】ウーバーイーツの配達員をやってみた(番外編)|ランチタイム

    sponsored link Uber EATSの良いところ UberEATSの配達をしていて面白いのはやっぱり”街をみられる”ってところで 自転車好きの人なら分かると思う …