Go out Life Style Others

【ヴィパッサナー瞑想体験記】Day0

投稿日:

sponsored link

千葉県茂原市にあるダンマーディッチャへ


JR外房線「茂原駅(もばらえき)」に行く

僕は世田谷に住んでいるので、半蔵門線で錦糸町へ行き、そこからJR総武線快速に乗り換えて向かった

改札を出てすぐ左手がバスロータリーになっているのでそちらへ向かう

バス停の3番のりばで「睦沢中央公民館」という停留所まで向かう

ちなみにこの小湊鐵道バスはめちゃくちゃ本数が少ない

16時頃から現地で受付開始なので14時のバスか、15時半のに乗らなければいけない

僕は14時過ぎに茂原駅に着いたので1時間弱バスを待った

駅の本屋とかで時間を潰したりしていると駅前にはポツポツと大きめの荷物を持った人たちが増えてきた

そして15時半のバスに乗る
かなりの人数が乗り込んだのでバスを使う地元の人たちがちょっと驚いていた

バス料金は460円
昔ながらの、後ろ乗り前降りのバスで
ICカードで精算はできないので小銭を用意しておいた方が良いでしょう

睦沢中央公民館


睦沢中央公民館に着いたところでダンマーディッチャの人が車で待っていてくれている

送迎してくれるんだけど普通のバンとかなので乗れて6人程度
もう一台軽トラが来ていてみんなの荷物を運んでくれるので大多数は歩いてダンマーディッチャへ向かう

僕は以前に何度もヴィパッサナー瞑想を経験したという人と一緒に歩いた
話しながら歩いていたらそんなに長くは感じられなかった

 

sponsored link

ダンマーディッチャ到着 〜 受付


ダンマーディッチャに着いたら予約していた受付をするため食堂に向かいます

 

受付で携帯と財布を預け、簡単な概要とドミトリーのベッド番号を教えてもらいます
ここからはもう外との連絡は一切取れなくなる

シーツや枕カバー、目覚まし時計、懐中電灯を忘れた人はここで借りられます(シーツ類はクリーニング代として500円かかる)

そして荷物をピックアップしてドミトリーの自分のベッドに行き寝具をセッティング

その後、時間になったらまたみんな食堂に集まり軽く夕食
この日はダルスープ(豆のスープ)だった

そして男女合わせて10日間コースの説明を受ける

この説明前までは自由時間なので他の人と話ししたりしていてもOK

「聖なる沈黙」について説明があった時から全員一切話すことは禁止となる
目を合わせたり、身振りで合図するのも基本的にNG
なのでちゃんと説明を聞いて戒律を理解しておいた方が良い
どうしても分からないことや、聞かなければいけないことがある場合は、男女それぞれにコースマネージャーという方がいるのでその方とやりとりすることになるが極力話すことはない

就寝


そしてあっという間に21:30になり就寝の時間

とはいっても明日は4:00からもう修行開始になるのですぐに寝た方が良い

もちろんもう携帯や読書、筆記などすべて禁止なのでやることは何もなくただ眠った

RS

ヴィパッサナー瞑想体験記一覧






-Go out, Life Style, Others
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子連れ温泉】国立温泉『湯楽の里』へ行ってきた|もちろん赤ちゃんOK

sponsored link 目次1 多摩川のほとりで富士山の見える温泉2 お食事3 お休み処4 まとめ5 【PR】 多摩川のほとりで富士山の見える温泉 今回家族で行ったのは『国立温泉 湯楽の里』 以 …

【子連れランチ】港北の『ナチュラルハーモニー・コア』はカラダが喜ぶ最高のランチ

  sponsored link 目次1 横浜センター北駅すぐそば2 レストラン『COA』3 レストランで食事した後は食材を買って帰る4 【PR】 横浜センター北駅すぐそば   ウ …

【炊飯器要らず】ストウブ(Staub)のラウンド・ココットがあればあっという間にご飯が炊ける

sponsored link 目次1 炊飯器が要らなくなった2 あっという間に炊ける しかもエコ3 炊き方4 冷凍ご飯5 ストウブの美味しさの秘密6 まとめ 炊飯器が要らなくなった ウチのキッチンはそ …

【DIY】お米で作った糊で破れたふすまを補修

僕が住んでいる家はだいぶ古い感じの日本家屋 なので和室があり、押入れもある 長年住んで押入れの内側がボロボロになったので補修することにした   sponsored link バーミックスを使 …

【子連れ温泉】温泉も食事も宿泊もすべてが子連れにやさしい『あわくら温泉元湯』

こんにちは!RSです 今回ウチら家族が行ったのは 岡山県にある『あわくら温泉元湯』 温泉とカフェ、ゲストハウスを併設するちょっと変わった温泉でした   sponsored link 目次1 …