Music

【ディスクレビュー】坂本龍一 8年ぶりの新作『async』を聴いた

投稿日:2017-04-10 更新日:

sponsored link

前作から8年ぶりのオリジナルアルバム



日本が世界に誇る音楽家
坂本龍一氏のニューアルバム『async』が発売された

 

2014年に中咽頭癌になり、治療生活へ

ガンを克服した後は、
山田洋次監督の『母と暮らせば』
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の『レヴェナント:蘇えりし者』
この2作のサウンドトラックで復帰
そしてオリジナルアルバムとしては、前作『out of noise』から実に8年ぶり

 

キャッチーさは無いが坂本節がある


近年の坂本龍一のアルバムは、どちらかといえば現代音楽に近い感じ

以前流行った『Energy Flow』みたいな
これぞ坂本龍一みたいな取っつき易さはない

前作の『out of noise


これが僕はすごく好きで
とにかくシンプルなメロディーなんだけど、音の配置がとても面白く
坂本龍一にしか作れ無い音楽だと感じる1枚だった

今回の『async』を聴いて感じたのは
かなりノイジー
うるさいという意味ではなく、無音や、隙間をあまり感じさせず
うっすらと、ドローン音などが常に鳴っている印象
いつもの坂本節もあるんだけど、ピアノ1本ではなく、後ろで電子音が鳴り続ける曲があったり
ビートは無いかわりにノイズの轟音が鳴り響いたり
決して日々の環境音楽にはなりえないような楽曲がずらりとならぶ

はっきり言えば僕はかなり好きなアルバムだ

 

sponsored link

向き合う


いまはスマホで音楽を簡単に持ち出せ、聴ける環境がある
それは日々のBGMになっていてすごく良いと思う
実際僕も外に出る時はいつも音楽を聴いている

でもこのアルバムはBGMにはなりえない

この作品と正面から向き合って聴かないと正直よくわからないアルバムなのだ

出来るだけいいリスニング環境で
できれば”爆音”で聴くのを僕はお勧めする

 

RS

ー追記ー

サウンド&レコーディングマガジン最新号に『async』のインタビュー後編が載っています






-Music
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ディスクレビュー】ジャミロクワイ『オートマトン」

sponsored link 7年ぶりのニューアルバム ジャミロクワイが帰ってきた! そう言いたくなるようなニューアルバム 2010年の『Rock Dust Light Star』以来のスタジオフルア …

【ディスクレビュー】電気グルーヴ『TROPICAL LOVE』

sponsored link 目次1 4年ぶりのNEWアルバム2 インタビューも沢山3 制作の大半はApple GarageBandで4 聴いてみた感想 4年ぶりのNEWアルバム 高校の頃から大ファン …

【どこよりも早く解説!】Spotifyの新アプリ『Spotify Stations』を試してみた|音楽の聴き方の再提案アプリ!!

こんにちはRS(@Sparkle_air)です 皆さんは音楽のサブスクリプションサービス(定額配信)を使っていますか? 「Apple Music」や「Amazon Music Unlimited」など …

【マジでお得】TSUTAYAの980円で借り放題が死角なさすぎて心配になるレベル

本記事は2017年4月6日時点での記事になります TSUTAYAの借り放題サービスは2017年8月23日をもって終了し 9月よりTSUTAYAプレミアムと名称変更になりました TSUTAYAプレミアム …

オアシスの『スーパーソニック』を極上音響で観てきた

イギリスの伝説的バンド、オアシス初のドキュメンタリー映画 「オアシス:スーパーソニック」を観てきた スポットを当てたのはオアシス結成から96年ネブワースでの25万人を動員したライブまで 確かにオアシス …