Music

【ディスクレビュー】コーネリアス11年ぶりのNewアルバム『Mellow Waves』を聴いた

投稿日:2017-06-30 更新日:

 

sponsored link

11年ぶりのアルバムは歌もの


発売が待ちきれず前回の記事を書いたのだが、
6月28日にNewアルバム『Mellow Waves』が発売された


各所のインタビューでも答えている通り2006年発売の前作「Sensuous」から実に11年
でもその間に活動していなかった訳ではなく、ギタリストとしてYMOのサポートや、Plastic Ono Bandへの参加、攻殻機動隊のサントラ
salyu × salyuとしてアルバムをプロデュースしたり

 

 

2016年は高橋幸宏を中心としたMETAFIVEのメンバーとしての活動をしていた

 

なのでオリジナルアルバムまではあっという間の11年

プロデュースやサントラ、ギタリストとしての活動が多かったから、改めてコーネリアスの作品を作る際に自然と歌ものになる意識があったらしい


 

コーネリアスにしか作れない圧倒的な世界


前作「Sensuous」と前々作「Point」では音を意図的にずらすことによって各楽器を同時に鳴らさず、
楽器ひとつひとつの音を際立たせて聴かせることによって生まれるグルーヴを作り出した
これは世界的に見てもすごい発明だった
隙間を作ることによってグルーヴと音圧を作り出したのだ

 

 

コーネリアス節と呼べるのはこういったトラックの作り方と、意図的にいつも同じ音を使っている(厳密には常に同じという訳ではなく細かくアップデートされてはいる)ところにあると僕は思う

 

そして今回のアルバム先行でリリースされたシングル『あなたがいるなら』

 

この曲を聴いた時に感じたのは、楽曲の作り方
音色はいわゆるコーネリアス節と言っても良いような感じだったのだけれど、明確に「Sensuous」の頃とは変化していた
音を点と点で配置していく楽曲の作り方はさらに磨きがかかり、普通にライブでどうやって演奏するの?というくらい拍子をとるのが困難な曲だが、
真ん中に歌という軸がある
いままでももちろん歌はあったのだが、どちらかといえば”声という楽器”という使い方で、メッセージ性とかがある訳ではなかったのだが今回は歌詞にストーリーがある
この曲は作詞を元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎が手がけていることも大きな要因だろう

坂本慎太郎は耳に残るフレーズを書かせたら日本屈指の作詞家だと思う
熱くなく、かといって寒さを感じる訳ではない、平熱よりちょっと低いくらいの歌詞を書かせたら抜群の面白さを出す人
「あなたが いるなら この世は まだましだな」
こんなラブソングはこの人にしか書けない

 

その坂本慎太郎が作詞したまさかのラブソングをコーネリアスが歌う
まさにアルバムのタイトルにもなっている”メロウ”な感じがそこにはある


 

sponsored link

トラックメイキングにも変化が


囁くような歌声を軸にアルバムは進んでいくのだが、前作までとの違いはトラックにもあった

前にも書いたが、以前は点と点という印象が強かったけど、今回はあまりを感じない
これがアルバムのタイトル”Wave”の部分なんだと思う

グリッドじゃない世界、面とか線とか曲線みたいなもの。鳴っている音の中に不確定要素が入ってきたり。

と、インタビューでも答えていたけれど、このアルバムは”波”の要素がすごく感じられる

大波というよりは、”温いさざなみ”といった感じ

以前は点と点を強調するため声も点々と曲の中に配置されていたけれど、今作はあまりそういう手法は多用されていなくて
軸の歌に対するオーソドックスなコーラス/ハーモニーが多い
これがまた本当に心地よい
そしてやっぱり歌のメロディーが良い

 

壮大な感じはなく、どこか箱庭的な世界観のアルバム
10曲で42分
このサイズもちょうどいい

 

今年の上半期はすごすぎる


 

今年に入ってから90’sが青春だった僕みたいな人たちには嬉しいリリース続きだった

テイ・トウワ、坂本龍一、電気グルーヴ、そしてコーネリアス
すべてすごい作品ばかりでリスナーとしてはホント1年の間にこんなに聴けていいの?って感じ

しばらくは『Mellow Waves』ばかり聴く生活になりそう

RS

 


 






-Music
-, , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ディスクレビュー】HAIM(ハイム)『Something To Tell You』

sponsored link カリフォルニア州出身の3姉妹バンドHAIM   ハイムは2006年に結成され本格的な活動は2012年から メンバーは左から 長女のエスティ・ハイム(ヴォーカル・ …

【ディスクレビュー】ベックの新作『Colors』を聴いた

sponsored link グラミー3部門を獲得した前作『モーニング・フェイズ』から3年半 待望のニューアルバム 第57回グラミー賞にて最高賞の“最優秀アルバム賞”を含む全3 …

【どこよりも早く解説!】Spotifyの新アプリ『Spotify Stations』を試してみた|音楽の聴き方の再提案アプリ!!

こんにちはRS(@Sparkle_air)です 皆さんは音楽のサブスクリプションサービス(定額配信)を使っていますか? 「Apple Music」や「Amazon Music Unlimited」など …

【ディスクレビュー】レディオヘッドの名盤『OKコンピューター』20周年記念盤『OKNOTOK』を聴いた

OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017 [帯解説・歌詞対訳 / 紙ジャケ仕様/ 高音質UHQCD / 2CD / 国内盤] (XLCDJP868) posted with カエレバ …

【ディスクレビュー】テイラー・スウィフトの最新作『reputation』を聴いた

レピュテーション (ジャパン・スペシャル・エディション)(初回生産限定盤)(DVD付) posted with カエレバ テイラー・スウィフト Universal Music =music= 2017 …