Go out

【伝説のゲーセン】『高田馬場ミカド』に行ってきた|30代,40代は感涙のゲームセンター

投稿日:

いつからだろうか、ゲームセンターに行かなくなったのは
僕はアラフォーなので90年代前半の格闘ゲームブームど真ん中の世代でして、
中学、高校とゲーセンに通いまくった
友達とも行ったし、自分一人でも行った
商店街の駄菓子屋の前にあるオレンジ筐体(20円とかでゲームできた)とかもやりまくった

20代になってからはゲーセンにほとんど行かなくなった
ちょうど2000年代に入って、格闘ゲームも複雑になり、音ゲーがどんどん増えて行ったりの時期
もう学生でもなくなったから自然とゲーセンに行かなくなってしまっていた

 

そんなゲーセン離れしている僕だけど、最近読んだ漫画が面白くて大ハマりした


『ハイスコアガール』という漫画

90年代のゲーセンを舞台にしたラブコメ漫画

作者の押切蓮介先生は僕と同年代なのでゲーセンの描写が、「ああ、わかる!」って感じで
いつの間にか忘れていたゲーセンへの想いを蘇らせてくれた

そして押切蓮介先生の『ピコピコ少年』という作品


こちらはストーリーものではなくエッセイ漫画
あの頃のゲーセンを描いている

そんな押切蓮介先生はまさに現役のピコピコ少年

漫画を書きつつゲーセンにも足繁く通っている

そんな押切先生の行くゲーセン『ミカド』ってどんなところだろうと思い行ってきました

sponsored link

 

sponsored link

あの頃のゲーセンがあった


ミカドは高田馬場駅のすぐそば、線路脇にあった

ちょっと古めのビルの1階と2階がミカド

中に入ると意外に広くてびっくり

懐かしいゲーム筐体がたくさんある!

功夫老師やデパートの屋上にあったわたがし機まである!

 

しかも大型の体感ゲームまで
ダライアスやアタリのスターウォーズなんて初めて見た
ピンボールも90年代のゲーセンには絶対あったなーなんて思い出しながら店内を散策

もうこの時点で懐かしすぎて涙が出そう

やばすぎる

ゲーセン版のスーパーマリオブラザーズだ!

sponsored link

 

伝説のゲームとの再会


階段の踊り場のところにもテーブル型筐体があって、見たらなんと

 

やばすぎる!

海賊版のスト2(通称レインボー)だ!

このスト2は、スト2ダッシュが出たあとにリリース(カプコンオフィシャルではない)されたやつで
いわゆる改造されたスト2

とにかく無茶苦茶な改造がされていて、歩くスピードは普通のスト2の2倍以上
波動拳やソニックブームを連射できるし空中でも打てる
しかも相手に自動追従するし、ソニックブームはタメなしで打てる

というめちゃくちゃな改造がされている

これ中学生の時に友達の家の近くのおもちゃ屋の前にあってやりまくった記憶がある

20年ぶりのプレイ
もちろんワンコインでクリアーしました


sponsored link

sponsored link

思い出の味


あともう一つ僕の大好きだったゲームがあった
ナムコからリリースされていた『スプラッターハウス』

家の近くの商店街にあるゲーセンで瓶のドクターペッパーを飲みながらこのゲームをやるのが大好きだった

いまは瓶のドクターペッパーなんてないのでとりあえず缶のドクターペッパーを買ってプレイ

この味とこのゲームが僕を少年時代に戻してくれた


sponsored link

 

ゲームは古いが今の時代にちゃんと迎合している


2階はさらにたくさんのゲーム筐体がある

1階にはない50円プレイのゲームも山盛りある

僕が行った日はミカド大感謝祭と銘打っていて
12−18時まで50円プレイのゲームは1,000円の定額でプレイし放題という太っ腹なイベントをやっていたり
「餓狼伝説スペシャル」のトーナメント大会も行っていた
大会は実況の人がいたり、対戦模様を配信したりしていて
ただ単にレトロゲームを置いて遊ばせるのではなく、ゲーセン側からのお客さんに対するアプローチがたくさんあって
ああ、ゲームは古くてもちゃんと今の時代のゲーセンとして存在しているんだなと感じた
大会には小学生や高校生の子達も参加していた
本当に面白いものは決して古くならないんだなと。

sponsored link

sponsored link

まとめ


プリクラやUFOキャッチャーはないけれど、本当にゲームが、ゲーセンが大好きな人たちがここには集まっていた
今の時代は家庭用ゲームでネット対戦もできるし、スマホゲームなら課金なしで無料で遊べたりする時代
ゲーム1回のプレイに100円って、高いととるか、安いととるかはその人次第だけれど
ゲーセンにいてゲームをしているんだっていう体験はやっぱり現場に行かないと味わえない

ノスタルジーでやっているゲーセンではなくて
昔のゲームが今もちゃんと現役で面白いんだと教えてくれるゲーセンだった

そんな頻繁に行くことはできないけれど、自分一人の時間が取れる時はちょっとミカドに行ってみようと思う

お店の情報
『高田馬場ゲーセン ミカド IN オアシスプラザ』

■営業時間
AM10:00~PM24:00
■住所
東京都新宿区高田馬場4-5-10
オアシスプラザビル1F&2F
■TEL&AX:03-5386-0127


sponsored link





-Go out
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【子連れ温泉】岡山県『稲荷山健康センター』|放射能泉と八種の天然生薬の薬湯がガツンとくる

今日はRSです! 今回の子連れ温泉は岡山県にある「稲荷山健康センター」です いままでの子連れ温泉記事はコチラ 『子連れ温泉』シリーズ一覧 sponsored link 目次1 昭和の風情の残る温泉施設 …

【子連れキャンプ】山梨県『ほったらかしキャンプ場』

sponsored link 目次1 温泉の隣のキャンプ場2 こじんまりとしたキャンプ場3 食材買い出し4 夕食作り5 山が暖かい6 【PR】 温泉の隣のキャンプ場 前の記事で書いたほったらかし温泉に …

【子連れ温泉】山の上に4つの源泉『万座高原ホテル』で家族みんなで癒された

sponsored link 目次1 とにかく山を登っていく2 一つのホテルで4つの源泉に入り放題3 露天風呂4 百泉の湯5 予約をするなら楽天トラベルがお勧め6  まとめ7 【PR】 とにかく山を登 …

【子連れ温泉】武蔵小山『清水湯』は銭湯価格で入れる最高の天然温泉だった

sponsored link 目次1 銭湯なのに天然温泉2 二つの温泉3 子連れもOK 地域の人々の人情味に癒された4 館内はゆったりと居心地の良い空間5 【PR】 銭湯なのに天然温泉 家族みんなで品 …

【子連れ温泉】奈良県天河村『洞川温泉センター』で車中泊

sponsored link 目次1 山の上の療養泉2 無味無臭のさらっとしたお湯3 名水百選にも選ばれた『ごろごろ水』4 車中泊も快適5 まとめ6 【PR】 山の上の療養泉 家族で天河神社に行ったと …