Trip

ポートランド旅行記(1)|3月24日

投稿日:2017-02-20 更新日:



sponsored link

今回の旅はホントに急に思い立って行く事にした


何かに行き詰まってとか、自分を変えてみたい、とかじゃなくて
純粋に「見てみたい」って思っただけで行ってみた

 

成田空港からシアトルに向けて


直行便が無かったのでシアトルで一旦乗り継ぎ

成田空港で働く友人が見送りに来てくれた
彼は案内係をしているので空港をアテンドしてもらう

僕にとっては 20年ぶりの海外
成田空港も相当久しぶり

チェックインもネットで予約しているのでパスポート渡すだけでホントにスムーズ
便利になったよなぁ
今回ネットとクレジットカード無ければ絶対に出来なかった

あとは円をドルに換金
アメリカはクレジットカード社会なので現金はそんなに持ち歩かない方が良いとは聞いているけどまあしょうがない
ホントは海外用のデビットカード作れれば一番良かったんだけど、ポートランドに行くと決めて1ヶ月くらいで飛びたったのでさすがに間に合わず
一応日本の銀行キャッシュカードで海外でも現金をおろせる設定にはして来た

あと海外用のWi-Fiルーターもレンタル
iPhoneだけで多分大丈夫だとは思ったけど、念には念を入れてだ
なんせ20年ぶりだから

 

機内サービスでビール3本飲んだ
ビールを飲むとトイレが近くなるけどあいにく僕は窓際の席
とにかく体の大きい隣の外国人にも迷惑をかける訳には行かないので要所要所で行く

飛行機も進化してて自分の目の前にiPad miniくらいのディスプレイがあって好きなときに好きな映画観られるのね
ベン・スティラーの新作「LIFE」を観た
英語で日本語字幕なしで

他にも日本の映画あったけどコレから海外って気分のときに日本映画観てもね

シアトルと日本の時差はマイナス16時間
よくわからないけど寝とけば良かったんだと思う

が、気持ちが高ぶっているのか眠れず

持って来ているガイドブックにまた目を通す

すごく面白いガイドブック

この本の冒頭に書いてあったけど

“ガイドブックの通りに旅はしない方がいい
ポートランドは出会いの街”
要約するとそんな事が書いてあった

だから自分にも”ルール”を設けて旅をする事にした

“マクドナルドやスタバ、subwayなどのファストフード店には行かない”
“iPhoneで地図や翻訳アプリは使うけど人と会話する時はそれを使わない”
この2つだ

まあ、iPhone無ければきっと何も出来ないし行く事すら躊躇したから

sponsored link

sponsored link

sponsored link

sponsored link

シアトル着 乗り継ぎ


乗り換えが1時間しか無いのでとにかく急ぐ
ここはもう成田じゃないので全部英語

どこのカウンター行けばいいか地図を見ていたら地元のおばちゃんが
何時のどこ行き?」って聞いてくれて、伝えたら
アラスカ航空のC2Rゲートね、ここからこう行きなさい」って親切に教えてくれた

助かったー

乗り継ぎチェックインもあっという間

次の飛行機に搭乗

まさかのプロペラ機

小っさ!

シートは何故か革張り
でも座り心地はすこぶる良い

フライト直前まで右のキャリアウーマンっぽい女性(むちゃくちゃ美人)と、

一つ前の席の女性(むちゃくちゃ美人)はずっと電話してる

いいの?
なんて思っちゃう僕はまだ日本っぽさにとらわれているんだろうな

ポートランド国際空港


1時間くらいかと思ったけど40分でポートランド着

シアトルから1時間とは思えない位めちゃくちゃユルい雰囲気
日本の地方空港みたいな感じ

飛行機から荷物を降ろしてるときにシアトルから乗った人はその場で受け取ってたけど僕のはどっか持ってかれてしまいあたふたしてたらスタッフの人が来てくれて「2番で受け取れば良いよ、2番ね」と丁寧に教えてくれた

アメリカの国内線だから特に手続きも無く荷物を受け取ったらもうポートランド

ちょうど出口もそこにある
事前に調べていたTrimet(路面電車)の乗り場もすぐそこだ

とりあえず出て一服
したら、声をかけられて、「タバコ一本くれますか?」と言われた、
一緒にタバコを吸いながら色々話しした
もちろん凄く簡単な会話しか出来ないけど

「今日は天気が凄く良いけど明日からはくずれるよ」とか

なるほど

その人と別れてTrimetのチケットを買う前にとりあえず腹ごしらえ
色々あったけどサンドイッチとジュースを買った

ポートランドは環境に優しい街としても有名で、置いてあるジュースは全部オーガニックのものだった

さすがだぜ!ポートランド!

sponsored link

Trimetで移動


Trimetのチケットを購入
2時間乗り放題券を買った
日本に比べりゃ相当安い

今日泊まるサウスウエストの方までとりあえず向かい、途中下車

ポートランド入りしたのは10時過ぎだったんだけどホテルのチェックインは16時からなので荷物全部持ったまま移動しなくちゃならない

川沿いの公園に行ったら桜が満開だったのでこの辺りを散歩

後ろに見えるのがSteelBridge
その名の通り鉄むき出し
ちなみにTrimetも人も車もそこを渡る

さすがに旅疲れも出て原っぱで少し横になる

他の人達もみんなお花見している

少し歩いてノースウエストの方まで行ってみる

見てみたかったスケボーやってる人ならたぶんみんな知ってる
バーンサイドスケートパーク」があった

けど、荷物多いしちょっと怖かったので後日身軽なときに行こう

sponsored link

sponsored link

ホテルまで徒歩で


公園でぼーっとしてもしょうがないのでホテルの方まで歩く事に
Trimetでも良いんだけど時間もあるしせっかくだから土地勘を付けておきたいし

ホテルまでは意外と距離あったけど、見るものすべて新鮮で楽しかった

なんかアメリカってうるさいイメージあったけどそんな事無いし、目が合えばみんな「ハーイ!」って言ってくれるし、ポートランドやっぱ来て良かったなって思う

僕が泊まるのは『Ace Hotel

15時くらいにホテルについてにチェックイン出来るか聞いたら、「いいですよ」と言われたのでチェックイン

ホテルって言っても相当くだけたホテルなので受付の人も黒ジーンズに白シャツ
もう一人のひとは同じような服装だけどタトゥーバリバリみたいな
日本だとタトゥー入っている人がいるとコンビニ店員でも白い目で見られがちなのに、
ポートランドではすごく当たり前にそれが存在しているって感じがする

 

ポートランドの街中へ


とりあえず身軽になって街へ繰り出す
IKEAくらいデカイ本屋「Powell’sBooks」を見たり

フードカートを見たりして街ブラ
コンビニなんて日本ほどは無いのでやっと見つけたところでビールでも買おうかなと思ったら
no single beer」の張り紙
まとめ売りしかしてないんだって
スゲーなアメリカ
とりあえずドクターペッパー買いました
500ml 99セント
安っ!

 

そして今日一日の最後の難関
夕飯をどうするか?

もうここは日本じゃないし、空港でもない

とりあえず目星を付けたレストランバーに飛び込んだ

そこはハワイアンバーガーのお店で
カウンターで ハンバーガーとビールを注文

ホントは大きいの飲みたかったけど上手く伝えられずグラスビール
それでも日本より全然デカイ

んで、ハンバーガーがでかすぎる
それについているハッシュポテトも多すぎる

この写真収まってないけどもっといっぱい有ります

腹一杯になってホテルに戻る

帰り道にホテル近くの「JACK POT RECORDS」というお店の看板

ああ、ここに来て良かったなと思える一日だった

RS

【PR】

このブログとは別に新しく旅のキュレーションサイト

airy ground』を立ち上げました

温泉記事や海外旅行で役立つ情報などをドンドン記事にしていきます
是非ご覧ください

airy-ground.com








-Trip
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2015年家族の旅(10) | 10/31 Portland 4日目

sponsored link  マウント・フッド最終日 9時頃起きる 今日でマウント・フッドでの生活はおしまい 荷物をまとめ掃除をしてチェックアウト 管理してくれているおばあちゃんに挨拶をしに行く 日 …

2015年家族の旅(26)| 11/16 セドナ12日目

sponsored link 今日はセドナに丸一日居る最終日 遅目に起床 のんびり支度してたらルームサービスの人達が 朝食は部屋で食べようかと思ってたけどそのまま出る セドナは今日はあいにくの天気 も …

【オススメ温泉】宮前平『湯けむりの庄』

sponsored link 目次1 お手頃価格で大満足の温泉2 丘の上の温泉施設3 疲れを癒す黒湯4 充実の館内5 お食事処のレベルがすごい6 岩盤浴7 まとめ8 【PR】 お手頃価格で大満足の温泉 …

2015年家族の旅(49)| 12/14 ハワイ27日目

sponsored link 移動日 旅もそろそろ佳境 ハワイ島はこれでおしまい 今日からはマウイ島へ RS   RS1978年 東京の下町生まれ 高校卒業後にドラマーとして音楽活動を開始 …

2015年家族の旅(45)| 12/9 ハワイ22日目

sponsored link ホノルルに来た理由 家族で会いたい人がいるので僕たちはホノルルに来た 理由がなければやはりホノルルは僕らには似つかわしくないなと改めて感じる 僕は東京生まれ東京育ち 実家 …